エンピレオ

よもぎ史歌の漫画制作メモとツイートまとめ

聖女の行進

聖女の行進(身長比較表)

商業はブームが沈静化するのも早いから、ちょっと待ってればそのうち問題じゃなくなる。さすがに続編が出続ける超人気シリーズが相手だと厳しいが

ヘッダーにカラーの聖女を並べた。4年越しに描いてきたから塗り方も変わってきてる

いつものやつ

シャールカの一話では、キャラを見せることに集中したので、世界観や専門用語の解説をすっ飛ばしました。最初から入れればわかりやすくはなるけど、間違いなくテンポ悪くなるので

最近考えた新しいHNは「平塚風歌」(ひらつかふうか)です(漢字は未確定)
フランツ・カフカのもじり

まともにカラーを描くのが苦手で、年に1・2枚くらいしか描けない。漫画だと全体的に見るため、一つの絵にそれほど気合入れなくていいから楽

「シャールカ」はなるべく宗教色を排してはいるけど、ゴーレムなど現実のオカルトを題材にしてるので名残はある。シャールカの頭の星マークはユダヤ教のシンボル

アラビア風ファンタジーのほうは、まだ勉強不足なので当分漫画にはできないかな。あと病んでるときに考えたので設定が暗すぎ

確かに精神が病んだときは普段思いつかないような暗い話が書けるけど、べつに暗ければ良いってわけでもないので、暗い話を書くために自分を病ませる必要はないと思う

うちの聖女を正教会風に言うとアグネス→アグニヤ、バルバラ→ワルワラ、カタリナ→エカテリナ、マルガリタ→マリナ

同じ漫画でも投稿したサイトによって反応がちがってくるので、あまり外からの評価は気にせず、そのとき自分が描きたいものを描ければいいなと思います

その「描きたいもの」もころころ変わっていくので当てにならないんですが。しょっちゅうジャンル移動するのは、それだけ自分というものが曖昧で固定されてないからです

不思議なことに真新しい作品より、ある程度連載した作品のほうが人気があるらしい・・・

投票ありがとうございました~ほぼヴァルゴが独走してました。
しかしシャールカがキャラのラフしか見せてないアラビアと同等って・・・

pixivではシャールカ#1のほうがヴァルゴ#1よりブックマーク多いから・・・(震え声)

ヴァルゴ(聖女)は何年も描いてきたから、この作品を通じて私を知ったフォロワーさんも多いわけで、考えたら当然の結果なんだけど

読者からすれば新しい企画ではなく、「いつものやつ」を望むものなのかもな・・・

いや私も、フォローしてる作家さんが自分の好きなジャンルから移動しちゃって「なんでそっちに行っちゃうんだよオオ~ッ」ってことはあるw こればっかりは本人の課題なんで干渉できませんが

聖人の伝説は似通ってるものが多い(コピーして作られてる?)から、それを元ネタにするヴァルゴも、キャラの設定やエピソードが被ったりしてる。ご了承ください

SDシャールカ

ソシャゲで男神が女になってたりすると違和感があるけど、クトゥルフならまあいいかって思うのはなんでだろ

Twitterに上げた絵はすぐ流れちゃうけど、pixivに置いたものは数日かけて徐々にブックマークが増えていくから面白い

ちょっとアズレンを意識して描いたSDシャールカ

pixivでシャールカに「ロボ娘」のタグ付けたけど、同類のタグに「ロボ子」「ロボっ娘」「メカ娘」「メカ少女」などがあり、それぞれ微妙にニュアンスがちがうらしい・・・

アラビア風のキャラ

ウィキペディアの「ロボット」のページに、robotaの読みは「ロボッタ」とあるけど、実際の発音聞いてみると「ロボタ」にしか聞こえない

「ロボタ」だとちょっとかっこ悪くて使えないな・・・

ヴァルゴでできないことをシャールカで補って、自分の中でバランスとってるつもり。両方西洋風になっちゃったけど

ジャミラ」は「美」という意味で、アラビアでは普通に女性の名前らしい。怪獣のイメージしかないけど

アラビアンナイトは大人になってから原作読むと、子供の頃のイメージを壊される場合がある。シンドバッドがひどい奴だったりw

アラビア風のキャラを考えてみた。盗賊とその奴隷

色んな舞台でキャラや話を考えたことがあるけど、東南アジア・南米・アフリカ・オセアニアあたりはまだない

暑中見舞い

「ヴェレス」はスラヴ神話の豊穣神の名。チェコでは後に悪魔を意味する言葉になった

心が病んでいるときに話を考えると、普段出ないようなダークでインモラルな設定が思いつく。実際描くかどうかはともかく気晴らしになる

描いてるうちになんか涼しくなってきちゃったけど、とりあえず

プラハ城の黄金小道、取材に行きたい(ハナ達はそこに住んでる設定)

鬼子母神

シャールカ | よもぎ史歌 mangahack.com/comics/7227 #マンガハック
前に言ってたロボットもの、やっと本編描きました

結局タイトルは思いつかなかったので、単純にキャラ名にしときました

「1940年のチェコスロバキア共和国」は「大正20年」みたいなニュアンスです。史実とはちょっと違う歴史を辿っています

あ!ゴーレムは額の文字「emeth」(真理)から1文字削って「meth」(死)にすると壊れるんだけど、これカナン神話のモト(死)と同じ言葉かも

お題【果実にまつわる者】ザクロで表される「吉祥果」を持つ鬼子母神
#神話版深夜の真剣お絵かき60分勝負

人食いだった鬼子母神仏陀に諭されて改心する話、ほんとすき

聖マルガリタ

ネットで見つけた聖フィロメナの伝説が興味深いけど、ソースはどこなんだこれ…うちにある本には載ってないし

資料が邦訳されてない聖人はまだまだいるんだろうなあ・・・聖人ワールドは奥が深い

見た目から衣装をデザインするので、構造が自分でもよくわからない場合がある。どうやって着るのこれ?物理的に不可能だろ?みたいな

私の漫画もよく「構想」「脚本」「作画」それぞれの段階で詰んだりしてるから、アップまでこぎつけた創作物は数割です

聖マルガリタ(アンティオキアのマルガリタ)
ドラゴンに飲み込まれても無事に出てきたことから、妊婦・出産の守護聖人とされています

聖人の絵画に描かれるドラゴンは個性的すぎてまるで一定してないので、ここでは典型的なデザインにしました。やはりドラクエ型が描きやすい

ゲオルギウスのドラゴンもそうなんだけど、何この小さい変な生き物?って感じ

ドラゴンのウロコびっしり描ける人はすごいと思う