読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンピレオ

よもぎ史歌の漫画制作メモとツイートまとめ

人生の意味 創作の意味

花子さんが完成して以来、人生の目的みたいなものを見失って腑抜けになってる気がします

人は何のために生きるのか? 元気なときはそんなこと考えもしないのですが、今は鬱入ってるらしい

人生の意味なんてものはそもそも存在せず、人が生きるのは大抵「本能的に死にたくない」とか「惰性」とか、その程度なんでしょうけど

3年前までは「漫画家になること」が目的だったし、漫画家あきらめた後は「理想の作品を自分の手で作ること」が目的だったんですが、花子の一話でわりと満足しちゃったっていう

それまでの漫画は何を描いても納得できない部分が出てしまったので、自分で納得できる作品を作るまで死ねない、っていうのはあったんですが

人生に本来意味はなくても、何か仮の「意味」や「目的」をこさえないと、毎日何をして生きていけばいいのか、行動の指針さえ立ちません

キリスト教などの宗教に入信すれば、そんな余計なこと考えなくて済むんだろうけど。あいにく私はオカルトマニアですが、それはネタとして楽しんでるだけで、現実に存在するとは思っていません

「目的」は達成しても達成できなくてもむなしい。結果や理由は考えずに、「今」自分がしたいことをする。こんな禅的な生き方のほうがいいのかもしれません

漫画なんて売ったって一ヶ月に缶ジュース一本程度の利益しかない。「結果」というのはその程度のことです

そんなどうでもいい結果を目指すより、今時分が描きたいものを描けば、楽しく過ごせます。ついでに言うと完成させる必要すらないし、極論公開する必要もありません

究極の一次創作とは誰にも見せないことです。そもそも公開した時点で「読んでほしい」「点数ほしい」「感想ほしい」「買ってほしい」などの、「これを描きたい」以外の「欲」が出てくるので、純粋な創作ではなくなってしまう

私の場合は、描いたからにはせっかくだから公開しておこう、くらいの気持ちなのですが、それ以上を求めると道を誤りそうな気がします

創作は遊びです。遊んでお金をもらおうとか考えてはいけません。ゲームをプレイしてもお金はもらえず逆に減るだけ。創作もゲームをするのと同じです